【メルセデスベンツVクラス v220d 】 タイヤ交換 自分でやる手順 車載工具の収納場所~具体的なやり方まで 詳しく解説/

今回はスタッドレスタイヤからノーマル(サマータイヤ)へ履き替えます

初めの段取りとして履き替えるタイヤをそれぞれの箇所の 自分がやり易い位置にスタンバっておきます。

あとは車載工具🔧を出しましょう!

隠し場所はここなんですね〜   ↓↓↓

リアハッチを開けた右側の隠し扉的なとこ ↑↑↑

隠しフタは、☝️この矢印のツマミを2つ共どっちかに回すとフタが はずれます。

フタを外すと中は↑このような状態になっています。 ベルトと発泡スチロールでできたカバーが出てきます。 ちなみに右上に見えるのは違います。 これは、リアハッチのオート開閉するときのモーターのようですかね?

次にさっきの赤矢印のベルトを外して、発泡スチロールのカバーも外します。するとこんな感じに↓↓

赤矢印がジャッキ, 緑矢印が… あれ?肝心なジャッキを回す工具類がない…

ありました。

他の小物と一緒に別なとこにしまっていました! 通常は上の写真の緑矢印とこに収納されています。   取り出してみたのが これですね↓↓

赤がジャッキ、緑が専用工具ですね
工具の中身はこんな感じ

それではやっていきましょう。

まず初めのとっかかりは、ジャッキでリフトアップする前にL型のレンチでホイールナットを軽く緩めます。(指で回せるくらい)

あ、ちなみにタイヤ交換は僕ら素人がやる場合は大体 付属ジャッキでやるので一本ずつ交換していくのが鉄則です。なので4輪共交換する場合でも タイヤ一本ごとに、

ナット緩める→ジャッキアップ→ナット外す→タイヤ入れ替える→ナット仮締め→ジャッキ下ろす→ナット本締めする

という順序で繰り返し作業していきます。

それでは改めてイメージが出来たところでさっそくやっていきましょう!

まずはジャッキアップ前にL型レンチで仮緩めをします。(指で回せるくらい)

この時にレンチで緩める順序として対角に緩めていきます。

ナットの仮緩が終わったらジャッキアップをします。

ジャッキをかける場所は決まっていて(車種によっても違うので詳しくは取説で確認をしましょう)どこでも良いわけではなくVクラスの場合はここですね ⬇︎

赤矢印が後輪のジャッキをかませる部分
こちらが前輪のジャッキをかませる部分

覗くと丸い硬質ゴムで出来たブッシュがすぐ見えるので分かり易いですね。

ジャッキをかませるとこんな感じ⬇︎

赤い矢印の部分を見るとわかるようにジャッキの頭はお皿状になっていて ジャッキをかませる部分の硬質ゴムにピッタリ フィットする様になっているのですね。さすがベンツ!

ジャッキを定位置にかませる手順としては、設置部分の真下にジャッキを置いて ジャッキ手前にある歯型の黒い部分を手でクルクルしながらジャッキを上げていき、もう片方の手でジャッキ頭と丸い硬質ゴムがしっかりハマる様にガイドサポートしながら定位置にセットします。

ジャッキを定位置に設置する時の大事な注意ポイントは写真の黒矢印部分をちゃんと地面としっかり密着するように平らに設置する事が重要ポイントです!少しでも浮いていたり、傾いているとジャッキアップ最中やタイヤ交換時にジャッキが外れて色々残念な感じになっちゃうので注意しましょう!

しっかりとジャッキの設置が済んだら

https://amzn.to/3eRyqmc

https://amzn.to/3eTJhfn

メルセデスベンツ 車用収納ボックス 車トランク 収納ボックス オックス 折りたたみ 収納ケースMercedes-Benz 専用 高い質感 D-029



ブランド品の高価買取ならゲオグループの【OKURA(おお蔵)】

【メルセデス・ベンツ アクセサリー】純正 フロント・サンシェード Vクラス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください